LINK
予期せず、出あってしまうのが自動車の事故です。ここでどのように対処したことによって、保険金の支払金も大きく変化することもありますので適切な決断と対応力が大事です。想像も出来ないケースに遭遇して冷静さを失ってしまうのならば必要不可欠な場面を逃してしまい、自身が大損をするケースもあるので自動車事故を起こしてしまった場面では以下に述べる処理するとよいかもしれません。車の事故を起こしてしまった状況で一番にする必要があるのは負傷した方の状況の確認です。自動車の事故の後すぐは動揺して虚脱状態になってしまう状況がありなかなか動けないのが当然です。その場面では、重軽傷者がいた時に危険が少ないところに運んでから応急手当して、周りに助けを呼ぶようにして負傷者の優先に努めることが大切です。救急車に連絡する時は正しい事故があった場所を告げて不確かな状態では周りの有名な建造物や交差点を伝えて事故の住所が分かってもらえるようにします。その次に110番に連絡し自動車事故があった事また現在の状況を説明します。救急車と警察の到着を待つ内に相手の身元を聞きます。氏名、ナンバープレート、事故相手の自動車保険の会社名等互いの情報を教えます。特に事故の相手方に不手際が存在する時にはその場で解決しようとする場合がありますが事故現場でうやむやにするのではなくどのような場面だったにせよ警察や自動車保険の会社に届け、ちゃんと判断してもらうようにしましょう。各々の情報をやり取りしたら他の車のじゃまにならないように妨げになる物道路の上から除去します。万一被害が他者の障害となっている状況なら、お互いの情報を交換するより優先してその対応を行ってしまっても問題はないはずです。その後自分のお金を払っている自動車の保険会社に知らせ、事故が起こった事を届け出ます。車の事故から一定期間内に自動車保険会社に連絡を入れないと交通事故の保険の適用外となる場合もありますので早く連絡を入れることが大事です。また現場の証拠としてコンパクトカメラや携帯電話のカメラ等を使って事故や自動車の破損箇所を見ることができる写真を撮ります。その写真は過失がどのくらいあるのか決定する時にかなり重要な役割とできますので、自分の自動車や相手方の車の壊れた箇所をきちんと証拠写真として残しておくことが大事です。その状況で第三者がいたら警官や保険会社の人が来るまでその場に待って頂けるように頼むのも大切です。